つむじはげの原因つむじはげの原因とは

つむじはげになる主な原因

日本には薄毛に悩む人たちが男性で約1300万人、女性で約600万人以上いるといわれています。

薄毛といってもその種類は色々とあり、生え際から薄くなるM字はげ、つむじ付近から薄くなるO型はげ、髪の分け目から薄くなる分け目はげなどがあります。

生え際やつむじ付近のはげは男性型脱毛症(AGA)とも言われ、遺伝や男性ホルモンの影響が大きいようです。

AGAの他に生活習慣も原因の一つとして重要視されています。

髪には毛周期があり、髪が成長すると自然に抜け、同じ毛包から新たな髪が生まれます。

髪の寿命は男性で3~5年、女性で4~6年といわれており、定期的に繰り返されているのです。

しかし、生活習慣が乱れてしまうと髪に必要な栄養素が不足し、髪を育成する細胞の機能が低下してしまいヘアサイクルが崩れてしまいます。

髪が抜けても新たな髪が育成されず、髪の毛はどんどん減ってしまうのです。

抜け毛を防ぐためには、バランスの取れた食事や新陳代謝を上げ血液の循環を良くすることが大切です。

十分な睡眠をとって細胞も活性化させましょう。

朝起きたときの枕や、髪を洗ったときなど最近抜け毛が気になると思い頭を見てみると、つむじの周りが薄くなっていることに驚いた経験はないでしょうか。

生え際と違い頭頂部は自分では見えないので、薄毛が進行していたことに気付かない人も少なくありません。

薄毛の原因は男性ホルモンによる影響というのを耳にしますが、男性ホルモンによる場合は生え際からはげてくるケースが多いようです。

では、つむじの周りがはげてしまうのは、何が影響しているのでしょうか。

多くの原因は血行不良によるもので、生活習慣の悪化が影響しているといわれています。

血液の循環が悪くなると、髪の毛を作る毛母細胞に栄養が届かず、育毛することができません。

効果の高い育毛剤を使用したとしても、血行不良を改善しなければ育毛の効果は発揮できないのです。

まずは、バランスのいい食事や適度な運動、十分な睡眠など生活習慣を見直してみましょう。

育毛サプリメントで不足している栄養素を補ってみてはいかがでしょうか。

つむじはげってどうしたら治るの

健康な体作りをすることが、つむじはげ予防の近道だと思います。